スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

野心のすすめ

<内容紹介> 

「有名になりたい」「作家になりたい」「結婚したい」「子どもが欲しい」
――無理と言われた願望をすべて叶えてきた人気作家による「夢を実現させるヒント」。

「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、
やらなかったことの後悔は日々大きくなる」をモットーとする作家・林真理子。
中学時代はいじめられっ子、その後もずっと怠け者だった自分が、
なぜ強い野心を持つ人間になったのか。
全敗した就職試験、電気コタツで震えたどん底時代を経て、
『ルンルンを買っておうちに帰ろう』での鮮烈なデビュー、その後のバッシングを振り返り、
野心まる出しだった過去の自分に少し赤面しながらも、“低め安定”の世の中にあえて「野心」の必要性を説く。
----------------------------------------------------------------------
<目次>
第一章 野心が足りない
屈辱感は野心の入り口/無知の知/「テクノルック」で糸井さんに突撃/
若い作家が消えてしまう理由/「一生ユニクロと松屋でオッケーじゃん」 ほか

第二章 野心のモチベーション
友人同士の「タイタニック」格差/ファーストクラス入門/
自分に投資すると「人気」がついてくる/野心と強運の不思議な関係 ほか

第三章 野心の履歴書
不採用通知の束を宝物に/「新規まき直し」作戦/
小さな成功体験を大切にする/「マイジャー」ではなく「メジャー」/
カリスマ編集者・見城徹氏の登場/スランプ――霧の中の十年 ほか

第四章 野心と女の一生
ママチャリの罪/“絶対安全専業主婦”の存在/オス度の高い男性ほど美しいメスを選ぶ/
自己完結の「美魔女」、美人の有効利用「女子アナ」/女性経営者の野心のバネは「悔しさ」/
働く女性がウサギからトラへと変わる時/いま振り返る「アグネス論争」 ほか

第五章 野心の幸福論
欲望の「大食漢」/「妄想力」が野心のバネになる/「止まっている不幸」の恐ろしさ/
野心の日常的な心得とは/野心という山登り

内容(「BOOK」データベースより)

<感想>
珍しくエッセイを。
林真理子さんは私が生まれる前からすでに”直木賞作家”なので、知ったときはもちろん小説家!という一面しか知らなかったので、どういった経緯で小説家になられたかを垣間みれてめちゃめちゃおもしろかった!

人生をストーリーにできるかは、過去の出来事という点と点をつないでいける人なのか、という感想。
動かないと、壁もバッシングもこない。
攻殻機動隊の世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ、 口をつぐんで孤独に暮らせ。を思い出した。
今の自分に満足せず、疑問を持って、不満をモチベーションにできるか。
時代や環境も違えど、結局どんな状況でも、ですぎた杭になるやつはなるってこと。今の時代は国自体に元気がなくてみんな等しく下がってるから逆に、ですぎた杭が目立ちすぎて、野心を持っている人が少なくみえるのかも。

あー。とにかくおもしろかった!



なんといっても、私のモットーは、「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる」
pg.25
| 林真理子 | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

初夜

<あらすじ> 

ペット・ショップ・ストーリー:住宅街にあるペット・ショップではあらゆる人間の秘密が溜め込まれている。

初夜:婚期を逃した娘の至急手術の前夜、娘の傍で眠る父の悲観と甘まやかな妄想(裏表紙より)

メッセージ:初体験、恋愛、結婚、すべてを自分のプラン通りに進めてきた、留美。そして今回の不倫も、その通りになるはずだったのだが……

眠れる美女:今年49歳になる淳美は体の乾きを感じていた。それに対して愚痴を言うと、バーテンダーが彼の友人である男の話をする。

お帰り:二年越しの不倫。それを夫が知っているかもしれないという不安に文香の胸はざわつく。

儀式:亜希子は不倫の末に平井と結婚した。平井と前妻との間の娘である佐穂

いもうと:兄と妹。近すぎず遠すぎない関係。

春の海へ:妻であり母である自分が恋をする―不倫への夢と現実

帰郷:妬み、憎しみ会う女友達に再会した女の心の闇(裏表紙より)

雪の音:死の床についている母が語る話とは―

秘密:自由奔放な妹を見守る姉の心境

<感想>

ペット・ショップ・ストーリー:本当の秘密ってないんだよね。人である限り、どこからかかならず漏れる。火のないところから煙はたたないってねー

初夜:男親から見た娘ってどうなんだろうなあ。嫁にいく寂しさはもちろんあるだろうけど、いかないといかないとで、心配と不安と、一抹の喜びもあるんだろうか。

メッセージ:最後のセリフは、たしかにな!と思った。プランがすごいよ笑

眠れる美女:女性の作家さんなのに、どうして男の方視点の話を書けるのか不思議です。

お帰り:夢から覚めるときはいつかくるよね、的な。むしろ、そっちかー!みたいな。

儀式:自分が思っていれば、相手もまた同じ。

いもうと:兄弟を持たない私は、なんとなく新鮮な感じ。他人に一番遠い、身内だよね。

春の海へ:いつまでも夢見る少女ではいられないって話ですね。

帰郷:女同士って、複雑だ。笑顔の下で相手を罵り、相手が少しでも自分より不幸である事を願う。

雪の音:自分が逝くからって重たい真実を残されても、言われた方は困るよねって話。

秘密:これを読んだら、Radwimpsの”夢番地”を思い出した。


続きはネタバレ有りの感想
続きを読む >>
| 林真理子 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--