スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

壊れるほど近くにある心臓

<あらすじ>
母の再婚でできた、二人の弟。
出会うべくして出会ったような三人は、外界から離れ、穏やかな幸せの中で暮らしていたが―。

<感想>
視点が変わりながら進む物語です。
普通に暮らしていたら出会えないような、この三人は、奇跡のような出会いをしたんだな、と思いました。
それが、良かったのか、悪かったのか。
多分、読む人を選ぶ作品なんじゃないかと思う。
まったく共感できない!という人がいれば、ああ、この気持ちを知っている、という人だっていると思う。

読む前のと、読み終わった後、本のカバーの絵への印象が変わる作品でした。


続きはネタバレ有りの感想
続きを読む >>
| 佐藤智加 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--